会社設立

ワンポイント

貸主(ビルオーナー様)が倒産した場合、預けている「保証金」が返還されることは、ほぼありません。

 

多額の「保証金」もビルオーナー様が倒産したら未回収という事態にみまわれてしまいます。

 

さらに競落した新ビルオーナー様から立退きを求められた場合、自己費用で転居しなければならず、継続入居を希望しても新たな保証金が必要となります。

 

テナント側も保証金差し入れ時には、貸主を十分に見極めてからでないと大事な自己資金を失うという事態にみまわれてしまいます。